久場葉 状差

柱や壁に掛け、手紙を入れておきます。

久葉(クバ)は、檳榔(ビロウ)の方言名で、ヤシ科の檳榔の葉を乾燥させて作った丈夫な団扇。島ではクバオーギ、クバオージ等と言います。葉、葉柄、幹まで、久場は様々な道具の材料として使われます。新芽、葉柄、果実を食していた島もあります。

久葉は、沖縄の島々での祭祀に使われ、歴史的文献、民話にも多々の記述があります。神との繋がり、特別な力の宿る植物とされ、沖縄の人々にとって関わり深い植物であります。


産地: 沖縄県

素材: 檳榔の若葉

大きさ: 直径 約350mm
*自然の素材を使用し、手で作られていますので、一点一点異なります。
販売価格 12,000円(税抜)
購入数


 

閲覧履歴

会員ページ

ログイン
新規登録