丹波布と白なめし革財布

懐かしいような、心が落ち着くような、素朴な一番柄の丹波布と白なめし、古から今につづく尊い手仕事の組み合わせによる格別な美。カード収納部分を隠しているため、すっきりとした印象。ステッチを表に見せない袋縫いがミニマルで柔らかな佇まい。型押しされたグラフィックが調和的で美しい。

以下、COSMIC WONDERのリリースより。

丹波布は、丹波国佐治村で織られていた手紡ぎ木綿と屑繭から紡ぎ出したつまみ絹を交織した平織の手織り布。草木で染めた手紡ぎ糸で格子柄に織りあげている。染料は村の周辺で手に入る植物に由来している。藍と茶を基本として、里山に自生する栗の皮、ヤマモモの樹皮、ハンノキの樹皮、田畑の畔道に生えるコブナグサ、キクイモ、ビワの樹皮などを用いる。幕末から明治の初めに盛んに織られ、京都周辺で布団や小袖に仕立てられて愛好された。大正時代に入って衰退し、忘れ去られることとなる。昭和の初めに至り、柳宗悦が京都の朝市で偶然にこの魅力的な縞木綿を見出し、工芸研究家の上村六郎に産地の特定を依頼した。上村は昭和6年に、縞木綿が佐治村で織られていた佐治木綿であることを特定。昭和28年に上村の指導により、丹波布の再現が行われる。昭和29年には、上村と柳の後援の下、地元保存会の丹波布伝承館が発足する。

白なめしは、「白靼」、「越靼」、「古志靼」の異名をもって知られた。越、古志は、出雲国古志村(今の出雲市古志町)に因んだと推測されている。『花田史志』に「神功皇后三韓征伐の際、戻した者の中に熟皮術に長けるものあり。始め但馬の円山川にて試製せしも水質適さず。依って南下し播磨に入り市川にて試みたるに良好なる成績を顕したり、故に之れを師として其の技術を伝習したる高木村民にして姫路革の名を以って世に著はれたるなり」の記述がある。「市川」とは姫路市東部を流れる市川のことを指すと思われる。これらより朝鮮半島由来の技術が姫路で発展、独自の製法と製品を確立するに至ったと推測される。
全て天然のもので作られた柔軟かつ強靭な革は、古くから伝わる鞣しにより制作。その製法は、原料の鹿皮を塩漬けにし、数日皮を水に浸し、微生物の作用によって毛根をゆるめ、刃物により毛をこそぎおとす、鉋で肉面を梳き、皮の厚さを均一に近づけ、天日乾燥する。塩となたね油を加えて空打ちし、さらに日光にさらしながら鞣しを繰り返す。何度と天日乾燥を繰り返すうちに、日光で晒された皮は薄乳白色の白なめしとなる。白なめしは兵庫県姫路市の伝統技法であり伝統工芸品。


表側: 丹波布 / 内側: 鹿革 / 裏地: 綿 50%, 麻 50%

縦: 1000mm / 横: 2000mm / 厚み: 約25mm
*天然革を使用していますので、皺の入り方や表情が写真と異なります。また、丹波布は、柄の入り方が写真と多少異なります。ご指定できませんので、予めご了承ください。

仕様: / 紙幣入れ 1カ所 / 硬貨入れ 2カ所 / カード入れ 9カ所
型番 07CW83059
販売価格 42,000円(税抜)
購入数
COLOR
SIZE


 

閲覧履歴

会員ページ

ログイン
新規登録

品別

作家別