Rudolf Steiner

 

1861年旧オーストリア帝国 (現クロアチア) クラルイェベックに生まれる。哲学博士。

 

アントロポゾフィー (人智学)は、二十世紀以降の人類のために新しい霊的な世界観・人間像への道を開こうとするものである。このような人智学的世界観の基礎になっているのは、ヨーロッパの精神文化、特に哲学的認識とキリスト的なものの体験である。

 

現在、シュタイナーの精神科学は、学問領域にとどまらず、さまざまな社会的実践の場で実り豊かな展開を示している。シュタイナー教育 (自由ヴァルドルフ学校)・医学・治療教育・薬学・芸術 (建築・絵画・オイリュトミー・言語造形)・農学 (バイオダイナミック農法)・社会形成 (社会有機体三分節化運動) などがその具体例である。

 

その広大深遠な世界観は、ブルーノ・ワルター (指揮者)、ミヒャエル・エンデ (作家)、ソール・ベロー (作家)、ヨゼフ・ボイス (彫刻家)、今井兼次 (建築家)を始めとする多くの人々に影響を与えた。

 

IZARA

 

1969年に設立されたイザラ書房。IZARAとはスペイン、バスク地方の言葉で「星雲」、「銀河」を意味します。ルドルフ・シュタイナーが唱道した普遍人智学の翻訳出版を始め、人智学に関係する書籍を中心に良質な翻訳で世の中に問うことを第一目標としている。

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [8] 商品中 [1-8] 商品を表示しています

魂のこよみ

1,600円(税抜)


神智学の門前にて

2,300円(税抜)


病気と治療

2,200円(税抜)


子どもの体と心の成長

2,330円(税抜)
sold



全 [8] 商品中 [1-8] 商品を表示しています

 

閲覧履歴

会員ページ

ログイン
新規登録